大成建設は続伸、三菱UFJMSは「アウトパフォーム」に格上げ

 大成建設<1801.T>は続伸。株価は一時、前週末に比べ12円高の395円に買われた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は17日、同社のレーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価を300円から450円に引き上げた。同証券では、同社は大手ゼネコンのなかでの収益優位性を有していると指摘し、14年3月期以降も営業利益は2ケタ増が続くとみている。特に、同社は「マージン重視の受注姿勢を堅持している」ことや「都市部に強みを持ち不動産市況回復の恩恵を強く受ける」ことなどに注目している。足もとの受注環境に明るい兆しが出始めていることにも期待している。

大成建設の株価は10時3分現在391円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)