東電など電力株が軒並み高、原発運転再開に向け期待感高まる

 東京電力<9501.T>など電力株が軒並み高。19日付の読売新聞は「東電は7月にも柏崎刈羽原発(新潟県)の1号機と7号機の運転再開を原子力規制委員会に申請する方針を固めた」と報道した。また、北海道電力<9509.T>、関西電力<9503.T>、四国電力<9507.T>、九州電力<9508.T>の各電力も計5原発の運転再開を申請する方針を固めたと伝えており、電力各社の経営再建に向けた期待感が高まっている。ただ、原発運転再開には、規制委員会の安全審査を通過し、地元自治体の同意を得る必要があり、先行きには不透明感も残っている。

東京電力の株価は10時7分現在714円(△88円)
北海道電力の株価は10時4分現在1409円(△54円)
関西電力の株価は10時5分現在1434円(△88円)
四国電力の株価は10時5分現在2043円(△85円)
九州電力の株価は10時6分現在1569円(△65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)