日立は一時、5年8カ月ぶり800円回復、原発関連株として見直しも

 日立製作所<6501.T>が大幅に7日続伸。株価は、一時前週末に比べ35円高の801円まで買われ年初来高値を更新した。同社株の800円乗せは2008年9月以来、5年8カ月ぶりのこと。16日に「2015中期経営計画」を発表。インフラ関連事業や海外強化を打ち出し、最終年度の2016年3月期の連結純利益3500億円超を目指すことが引き続き好感されている。また、前週末に一時1ドル=103円台に乗せた円安の進行に加え、この日は日本経済新聞が「政府はインドと原子力協定交渉の再開で合意する」と報道しており、日本企業がインドへ原発を輸出できる環境が整うとの期待感から原発関連株としても評価されているようだ。

日立の株価は11時27分現在793円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)