<後場の注目銘柄>=コーナン商事、PB商品拡大が利益貢献

 コーナン商事<7516.T>は、関西地盤のホームセンター大手。近年の利益率改善に寄与してきた海外直輸入のPB商品売上高の構成比は、14年2月期会社計画で38.0%(前期比4.2%増)を見込む。

 PB商品は、その他の商品に比べ売上総利益率で大きく上回る。円安は仕入コスト増加に繋がりネガティブだが、価格見直しなど収益性維持の努力を継続。今後もPB商品の比率を高める方針で、収益性向上を目指す。

 14年2月期の営業利益は167億円(前期比2%増)予想だが、上方修正の可能性も。株価は、1200円台での推移となっているが、PERは5倍台と極端な割安水準にあり、水準訂正高が期待できそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)