ファルコSDがS高カイ気配、乳がん遺伝子検査で関心高まる

 ファルコSDホールディングス<4671.OS>がストップ高カイ気配。ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がんのリスクを高める遺伝子変異が見つかったとして、予防措置として乳房を切除する手術を受けたと伝わっており、子会社を通じて遺伝性乳がん・卵巣がん検査を行う同社にも関心が高まっているもよう。国内でも乳房予防切除の動きが広がり始めており、同社のビジネスチャンス拡大につながるとの期待がもたれている。

ファルコSDの株価は14時19分現在1713円(△300円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)