4月の全国百貨店売上高は前年比0.5%減、天候不順で衣料品伸び悩む

 日本百貨店協会は20日、2013年4月の全国百貨店売上高が前年同月比で0.5%減の約4767億円と4カ月ぶりのマイナスだったと発表した。気温低下や大雨など天候不順の影響を受け主力の春物衣料が苦戦したほか、入店客数も伸び悩んだ。一方、宝飾品・高級時計など高額品は引き続き好調だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)