ヤマハ発は連日の高値、インド二輪車販売拡大報道が買い手掛かり

 ヤマハ発動機<7272.T>が連日で年初来高値を更新した。21日付の日本経済新聞が「インドでの二輪車販売をテコ入れし、13年は12年比4割増の50万台の販売を目指す」と報じたことが買い手掛かりになった。合計で1000万人規模の試乗会を各都市で開催するほか、低価格帯の新製品を投入、現地メーカーやホンダが高いシェアを持つインドで巻き返しを図ると伝えている。円安効果で今12月期は営業2倍強の増益を予想しているが、二輪車の伸び悩みが足かせになっているだけに、収益上振れへ期待が高まった。

ヤマハ発動機の株価は11時30分現在1676円(△62円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)