<後場の注目銘柄>=洋ゴム、北米好調に円安の追い風も

 東洋ゴム工業<5105.T>に注目。同社は14日、13年1~6月期の業績予想を上方修正した。営業利益予想を80億円から120億円へ引き上げた。

 前期に決算期を変更したため、前年同期比較はない。タイヤ事業が北米市場などで好調に推移しているのに加え、円安加速や原材料価格低下によるコスト削減効果が寄与している。

 13年12月期の通期見通しの営業利益220億円は据え置かれているが、増額修正の可能性が濃厚だ。今期の想定為替レートは、1ドル=95円、1ユーロ=125円としている。

 株価は、500円台固めから上放れの兆しを鮮明にしている。PERは12倍台と依然として割安水準にあり、上値余地は十分といえそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)