ユーグレナが続急落、個人投資家の資金シフトの動き反映

 ユーグレナ<2931.T>が続急落、1000円を超える下げとなった。同社はミドリムシを活用した健康食品の製造販売やバイオ燃料の研究開発を手掛けており、バイオ関連株人気に乗り、株価は年初から5月1日の高値まで13倍以上の変貌を遂げた。ただ、需給先行の上昇であっただけに5月に入ってからは大きく調整する動きとなっていた。ここにきて東証1部の鉄鋼や化学など景気敏感セクターに物色資金シフトがみられ、個人投資家資金もその流れに乗る動きが観測される中で同社株も利食いが加速する展開となっている。

ユーグレナの株価は14時50分現在1万310円(▼1170円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)