村田製が最大14ボルト入力に対応するコンバータの量産を開始

 村田製作所<6981.OS>は21日、最大14ボルト入力に対応するマイクロDC-DCコンバータを開発、量産を開始したと発表した。部品実装面積削減、EMIノイズ対策、省エネなど電子機器の高機能化に伴うニーズに対応する新製品で、スマートフォンなどモバイル機器から基地局などの通信インフラ機器向けに販売を拡大していく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)