アイレップが急反発、立会外分売で流動性の拡大に期待

 アイレップ<2132.OS>が急反発。同社は検索サイト活用マーケティングに特化した広告代理店業務を手掛け、業績は好調に拡大路線にある。今9月期は10.4%経常増益の10億2700万円予想と2ケタ成長を維持しているが、株式流動性に乏しく大口の買いが入りにくい弱みがあった。そうした中、同社は21日、立会外分売を発表、69万株を5月28~30日に実施する方針で、これにより流通株式の流動性が高まることを評価した買いが優勢となっている。

アイレップの株価は9時52分現在1230円(△127円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)