<前場の注目銘柄>=古河電工、業績高変化で仕込み妙味

 古河電気工業<5801.T>が面白い。今3月期は自動車生産の回復でワイヤハーネスが好調なほか、スマートフォン向け部材が大きく伸びる見通し。また、海外での電線工事も収益貢献し、最終利益は前期比40%増の50億円を見込むが、為替の円安効果などを考慮するとなお増額含みだ。

 同社は2015年度を最終年度とする中期経営計画を発表しているが、15年度に売上高9000億円、営業利益380億円、最終利益については200億円(今期比4倍)を目指す方針。

 通信やエネルギーインフラ市場での成長戦略に傾注し、自動車市場での需要取り込みも積極化する。株価は低位で値ごろ感があり、業績変化期待から仕込み妙味は十分だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)