東北電が反落、三菱UFJMSが投資判断を引き下げ

 東北電力<9506.T>が反落。この日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に引き下げ、目標株価を740円から1100円に引き上げたことを嫌気。株価は14日に年初来高値1454円をつけ、4月30日終値から約40%上昇したと指摘。市場予想の配当見通しは、14年3月期10円、15年3月期50円であり、直近の株価上昇は今期の復配を織りこみはじめている可能性があると考えられるが、同証券では復配を織り込むにはまだ早いとしている。

東北電の株価は11時9分現在1315円(▼27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)