大成建設が高値、クラウドシステムで管理コスト大幅削減

 大成建設<1801.T>が前日比18円高の411円まで上げ幅を広げ、年初来高値を更新した。22日付の日本経済新聞が「日本IBMと開発したクラウドシステムでビル設備を管理する」と報じたことが材料視された。オフィスビルの構造や設備のデータを一元管理するほか、トンネルや橋などの工事にも応用、管理コストを最大で2割削減できると伝えている。労務管理費など経費負担が収益を圧迫しており、クラウドを活用した業務効率化で収益改善が期待された。

大成建設の株価は12時47分現在402円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)