キヤノンが1カ月ぶり高値、対ユーロで円安進み輸出採算改善見込んだ買い

 キヤノン<7751.T>が前日比140円高の3940円まで上昇し、1カ月ぶりに年初来高値を更新した。外国為替市場で円が対ユーロで132円半ばまで円安が進んだことから、欧州向け輸出採算改善を見込んだ買いが入っている。海外売上比率が約8割を占め、なかでも欧州向けが3割と最も高く、今期の為替前提レートを1ユーロ=125円に設定していることから、利益予想の上振れが期待された。

キヤノンの株価は13時現在3920円(△120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)