住友電工が連日の高値、電子機器向け先端部品を相次いで量産

 住友電気工業<5802.T>が連日で年初来高値を更新した。前日は世界初の細径サンダーボルトケーブル、きょうは薄型化と回路の高精細化を実現した導電性ペースト接続FPCの量産をスタートしたと発表、先端製品を相次いで投入することが好感されている。サンダーボルトはパソコンや周辺機器、ディスプレイ機器間のデータの高速伝送を可能にする接続技術、導電性ペースト接続FPCはモバイル端末をはじめ、幅広い電子機器内配線の設計自由度の向上や省スペース化を実現する技術で、海外生産も視野に入れ大幅な販売拡大を見込んでいる。

住友電工の株価は13時27分現在1516円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)