三晃金、高島が急反落、前日急騰の反動安

 三晃金属工業<1972.T>、高島<8007.T>など太陽光発電関連の材料株がともに急反落している。21日付の日本経済新聞が「経済産業省が再生可能エネルギーの導入を促すため住宅の屋根を借りて太陽光パネルを設置する企業に低利融資する新たな制度をつくる」と報じたことを受け、太陽光発電関連の材料株である両社は大幅高したが、この日は、その反動安となっている。また、同じく太陽光発電関連の一角であるサニックス<4651.T>がこの日は委託保証金率引き上げ措置が取られるなど信用取引規制強化の動きもあり、この影響も懸念されている。

三晃金の株価は13時24分現在277円(▼42円)
高島の株価は13時24分現在339円(▼56円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)