<前場の注目銘柄>=スタートトゥ、高成長銘柄として再評価

 スタートトゥデイ<3092.T>は2000円を目指した展開が期待できそうだ。

 かつての高成長イメージが薄れたところに、13年3月期の販売促進策の失敗が響き、株式市場の同社への評価は落ちているが、14年3月期は商品取扱高は13.0%増と2ケタ増を見込み、営業利益、経常利益とも2割増を見込むなど成長基調に変化はない。

 会社側では「プロモーションなどに頼らない巡航速度に基づいた計画」としており、達成に自信をのぞかせる。

 今後も取扱ブランドの拡充や顧客層の充実、取引先との関係深耕による売れ筋商品在庫の確保などを背景に業績拡大を見込んでおり、再度高成長期待銘柄としての評価が高まりそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)