アルコニックスが軟調、いちよしはフェアバリューを2100円に引き上げ

 アルコニックス<3036.T>が軟調。いちよし経済研究所が22日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の1500円から2100円に引き上げた。
 リポートでは「円高修正による非鉄金属価格の上昇影響及び、新規連結企業(国内精密加工製造企業)の収益貢献を新たに織り込み、業績予想を上方修正する。主力商材であるレアメタル・レアアースの販売は、国内メーカーの省量化進展で落ち込んでいることから、14年3月期の経常利益は6億円程度と13年3月期比で半減を予想する。一方で、14年3月期から米国メッキ製造企業と国内精密加工製造企業の新規連結により、売上高で150億円、経常利益で8.5億円の収益貢献を予想」としている。
 
アルコニックスの株価は10時16分現在2239円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)