郵船、商船三井、川崎汽の海運3社が高い、コンテナ船の損益改善と報じられる

 日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>の大手海運3社が揃って上昇し年初来高値を更新。23日付の日本経済新聞で、海運大手3社のコンテナ船部門の業績が回復すると報じられたことを材料視。記事によると、14年3月期の部門経常損益は日本郵船と商船三井が3期ぶりに黒字転換するほか、川崎汽船は増益を確保するとしており、燃料油の消費抑制などコスト削減による収支改善を見込んでいるとしている。とりわけ相対的にコンテナ船事業のウエートの高い川崎汽は、一時前日比27円(11.6%)高の259円まで上昇する場面があった。

郵船の株価は10時45分現在316円(△17円)
商船三井の株価は10時45分現在468円(△25円)
川崎汽の株価は10時45分現在252円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)