サカイ引越は大幅高、いちよしがフェアバリューを3270円に引き上げ

 サカイ引越センター<9039.OS>が大幅高で連日の高値。いちよし経済研究所が22日付のリポートで投資判断「A」を継続、フェアバリューを従来の2900円から3270円に引き上げた。
 リポートでは「2013年3月期業績は、売上高586億4900万円(前期比7.4%増)、営業利益48億7900万円(同5.0%増)となった。引越平均単価は9万1000円(前期比0.3%増)と横ばいだったが、作業件数は63万9000件(同6.9%増)と増加した。政権交代後、景気回復期待が高まっており、住宅業界においては金利の上昇懸念や住宅価格の先高感で需要の拡大が予想される。さらに消費税増税が実施されれば、駆け込み需要も見込まれる。ここ近年、厳しい事業環境が続くなか、支社数の増加や質の高いサービスの提供、ユニークなCM戦略などにより、2012年度の売上高は業界2位、作業件数は同1位と業界シェアを高めることで業績を拡大させてきた。このため、事業環境の好転による恩恵は大きいと思われ、2014年3月期の会社計画は保守的」としている。

サカイ引越の株価は11時16分現在2725円(△102円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)