TDKが連日の年初来高値、5割小さい車載用ノイズフィルター開発報道が支援

 TDK<6762.T>が前日比210円高の4700円まで買い進まれ、連日で年初来高値を更新した。スマートフォンの普及を背景に2次電池が拡大、円安効果も加わり、前期の最終黒字転換に続き、今年3月期の連結純利益は前期比10.9倍の130億円と急回復を見込む。23日付の日経産業新聞が「従来品よりもサイズが5割小さい車載用ノイズフィルターを開発した」と報じたことが支援材料になっており、株価上昇の一方で信用買い残が減少するなど需給が改善していることも買い気を強めさせた。

TDKの株価は11時30分現在4615円(△125円)