新興市場(前引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも3日続落

 23日前引けの新興市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも3日続落となった。
 日経ジャスダック平均は前日比59円41銭安の1997円13銭。
 FXプライム、レーサムが急反落、アーバネット、いちごHD、ネクストウェアなども値を崩している。半面、日本一Sが5連騰、インスパイアーやEストアー、アンドール、ディーバなども値を飛ばしている。
 東証マザーズ指数は前日比52.54ポイント安の856.66。
 マルマエ、リアルビジョンが急反落、ウォーターDも続落となり、インスペック、メッツ、鉄人化、ITbookなども値を崩している。半面、ウィンテストがストップ高、オークファン、リミックスポイントが年初来高値となり、データHR、フライト、パシフィックネットも高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)