国際帝石など資源関連株が安い、中国景気減速懸念で売り先行

 資源関連株が軟調。国際石油開発帝石<1605.T>や住友金属鉱山<5713.T>が急落している。5月のHSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)は49.6と急低下。中国の景気減速懸念が台頭したことを受け、原油など資源需要の低迷につながるとの懸念が強まった。また、22日のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)の議会証言で量的緩和の縮小観測が強まったことにより、原油や金などに向かっていた資金が減ることを警戒した動きも出ている。

国際帝石の株価は13時21分現在46万4500円(▼2万2500円)
住友鉱の株価は13時19分現在1395円(▼92円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)