王子HDが新高値、全体相場急落局面で異彩

 王子ホールディングス<3861.T>が全体相場に逆行、年初来高値を更新した。全体相場は債券相場や為替相場の乱高下に加え、中国PMIの悪化でにわかに地合いが悪化し、振れ幅が上下1000円近くに達する波乱の展開となったが、その中で異彩の頑強ぶりをみせている。株価に出遅れ感が強かったことや、年間10円配当を計画しているにもかかわらず指標面でPBRが0.9倍前後と1倍を下回っていることから上値余地が意識されている。出遅れている割に信用買い残も少ないことも、株式需給面で有利に働いているようだ。

王子HDの株価は14時5分現在428円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)