◆23日のNY株式市場の概況 NYダウ続落、世界株安を嫌気も経済指標が下支え

 23日のNY株式市場はNYダウが続落し、前日比12.67ドル安の1万5294.50ドルとなり、ナスダック総合指数は同3.88ポイント安の3459.42で取引を終了した。日本をはじめ世界的な株安の流れを嫌気し、米市場でもリスク回避の動きから売りが先行。NYダウは一時120ドルを超える下げとなった。しかし、午前発表の4月の米新築住宅販売件数が、季節調整済みの年率換算で45万4000戸と市場予想の42万5000戸を上回ったことや、週間の米新規失業保険申請件数が、季節調整済みで34万件と市場予想の34万5000件より良好な数値となったことから見直し買いの勢いが徐々に強まった。NYダウは続落したが、一時上昇に転じる場面もあった。出来高概算はニューヨーク市場が8億1861万株、ナスダック市場が17億6780万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)