三井化学は反発、岩井コスモ証券は「B+」に格上げ

 三井化学<4183.T>が反発。岩井コスモ証券は23日、同社の投資判断を「B」から「B+」に引き上げ、目標株価を380円(従来210円)に設定した。化学品市況の悪化や2012年4月に発生した岩国大竹工場(山口県)の事故の影響もあり、2013年3月期の連結営業利益は前の期比80.1%減の42億9000万円と大幅減益だった。ただ、会社側では14年3月期の同利益は前期比6.5倍の280億円と急回復を見込んでいる。
 同証券では、「今期業績予想は事業リスクを相応に織り込み下方修正リスクは小さく、若干の上振れ余地がある」と指摘。PBRは0.8倍前後にあることも「大手化学メーカーで唯一PBRが1倍を大きく下回っており相対的な割安感がある」とみている。

三井化学の株価は10時1分現在281円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)