シャープが急反発、14年度出荷分から全スマホ、タブレットにイグゾーを搭載

 シャープ<6753.T>が急反発。相場全体の地合い好転に伴い買い戻しが入っており、24日付の日本経済新聞が「14年度に出荷するスマートフォンやタブレットの全モデルに省エネパネルIGZO(イグゾー)を搭載する」と報じたことが支援材料になった。12年度下期は4割強だったが、国内通信大手3社が発売した搭載製品の販売が好調なため。高機能端末の生産比率を引き上げ、収益拡大につなげると伝えている。イグゾーの本格的な拡販が経営再建の鍵を握るとみられているだけに、収益押し上げ要因として期待されている。

シャープの株価は10時9分現在572円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)