住友大阪、太平洋セメなどセメント大手が急反発、販売量好調を確認で

 住友大阪セメント<5232.T>、太平洋セメント<5233.T>のセメント大手2社が急反発。セメント協会が23日、国内のセメント需給実績を発表しており、販売量は前年同月比12.0%増と363万5000トンだったとしたことから、足もとの需要好調が改めて注目されている。復興需要が堅調な東北が大きく伸びたほか、ビルやマンション建設など都心部の開発向け需要も好調のようで、当面この傾向が続くとの期待感が強いようだ。

住友大阪の株価は10時45分現在325円(△17円)
太平洋セメの株価は10時45分現在318円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)