トクヤマが上昇、今3月期業績急回復、太陽光発電への政策支援も追い風

 トクヤマ<4043.T>が高い。シリコンやファイン分野への展開に注力しているが、14年3月期は強みとする多結晶シリコン分野が回復して業績への貢献が見込まれている。最終損益は前期の379億円の赤字から75億円の黒字に転換する見通しで営業利益は前期比倍増となる140億円を見込む。政府は再生可能エネルギーの導入促進のため、住宅向け太陽光発電分野への支援体制を強化している。同社は太陽電池向け多結晶シリコンで世界屈指の実力を持っており、これも追い風材料として意識される。また、PBRが0.6倍程度と割安な点も買いを誘う。

トクヤマの株価は10時43分現在371円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)