国際石開帝石は堅調、三菱UFJMS証が目標株価を54万円に引き下げ

 国際石油開発帝石<1605.T>は堅調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が23日付のリポートで株価判断「ニュートラル」を据え置いたものの、目標株価を従来の55万円から54万円に引き下げた。
 リポートでは「2014年3月期の純利益を1480億円(前年比19.1%減)と予想する。前提はブレント原油価格105ドル/バレル、為替レート95円/ドル。為替レートが1円/ドルの円高の場合は、純利益で10億円減益となり、1円/ドルの円安の場合は、外貨建て借入金の増加などを考慮して純利益への感応度は中立である。米国からアジアへのLNG輸出の実現可能性が高まる中で、アジアのLNGプロジェクトのコスト競争が従来よりも厳しくなる時代に入った」としている。

国際石開帝石の株価は11時6分現在46万500円(△3500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)