24日前場の主要ヘッドライン

・ANAが反発、ボーイング「787」臨時便で運航再開
・ガンホーが急反発、自律反発狙いの買いで100万円台回復
・プラザクリが反発、発行済み1.55%に相当する6万株の自社株買い好感
・きんでんが急反発、一般工事や海外展開を見直す
・藤久がS高カイ気配、5月30日付で東証1部および名証1部指定を好感
・住友大阪、太平洋セメなどセメント大手が急反発、販売量好調を確認で
・日経平均VIは急反落、株式市場の不安心理後退を反映
・ペガサスが急反発、今期業績急回復を見直す
・エフピコが反発、リサクルトレーで見直す
・ビットアイルが4日続落、マイクロソフトのデータセンター開設で競争激化を懸念

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)