トヨタが高い、円安を足場に買い戻し急

 トヨタ自動車<7203.T>が急反発、一時前日比210円高の6500円まで買われた後はやや伸び悩んでいるものの売り物をこなし買い優勢の展開が続いている。前日の株式市場の波乱は為替市場での円高も影響しているが、足もと1ドル=102円台前半で推移するなど円安方向に戻しており、輸出採算の悪化懸念が後退し買いが優勢となっている。既に同社は4~9月期の世界生産台数を従来計画から15万台程度上積みし450万台強とする方針など強気の計画が伝えられており、為替の円安基調と相まって今期の業績拡大に期待が高まっている。

トヨタの株価は12時31分現在6460円(△170円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)