<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」と「売り予想数上昇」の3位にケネディクス

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の24日12時現在で、ケネディクス<4321.T>が「買い予想数上昇」と「売り予想数上昇」いずれも3位となっている。
 
 ケネディクスは受託資産残高1兆円と不動産ファンド運営でトップ、浮動株比率わずかに7%という品薄感から不動産関連株の中でもボラティリティの高さが特徴だ。日銀の「異次元緩和」を背景に流動性相場の中心軸に位置していたが、直近は長期金利の上昇を嫌気して売りに押される展開が目立つ。きょうは前日のストップ安から切り返し、一時5万6000円まで買われたが、その後は戻り売りに押されてマイナス圏に沈んでいる。時価はリバウンド期待もあるが、上値も意外に重く個人投資家の間でも強弱観が対立しているようだ。

ケネディクスの株価は13時21分現在4万9350円(▼1850円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)