三井物産や三菱商事は大幅続落、中国景気の先行きに依然不透明感

 三井物産<8031.T>や三菱商事<8058.T>など大手商社株は大幅続落。三井物産は前日の下落に続き、この日も一時、前日比76円安の1400円まで売られている。前日の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)の悪化をきっかけに、中国景気の先行き不透明感が浮上。中国景気の低迷に伴う銅や原油など資源価格への影響も懸念され、大手商社株には売り物が先行している。「日本や米国の景気は上向きだが、中国や欧州は下向き状態にある」(アナリスト)ことを懸念する見方も根強い。

三井物産の株価は13時23分現在1404円(▼72円)
三菱商事の株価は13時24分現在1901円(▼76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)