<動意株・24日>(大引け)=モブキャスト、Jパワー、セキュアヴェイルなど

 モブキャスト<3664.T>=急反騰。同社はスポーツ関連に特化したSNSを展開、業績は急成長途上にあり、今12月期の単独経常利益は5割増の17億円を見込む。また、日本の中小型株の上昇余地を指摘する世界最大の資産運用会社ブラックロックの日本法人が22日付で同社株式を買い増していることが明らかになった。「ブラックロックが大株主に浮上した銘柄は相次いで人気化の経緯をたどっており、モブキャストの場合は調整局面で保有株を増やしていることで上値の思惑が広がっている」(中堅証券営業体)という。

 Jパワー<9513.T>=大幅反発。新日鉄住金<5401.T>と19年度稼働を目指して火力発電所を共同建設する方向で検討に入ったと日本経済新聞が伝えており、これが刺激材料となった。石炭を燃料とする60万キロワット級の発電設備を導入する方向で、東電が24日に締め切る新規火力発電の入札に参加する方向と伝えられる。石炭火力は低コストを強みに原子力発電の代替として改めて注目されてる。

 セキュアヴェイル<3042.OS>=ストップ高。24日午後の参院本会議で自民、公明両党と民主党、日本維新の会、みんなの党などの賛成多数で共通番号制度関連法(マイナンバー法)が可決されたことから情報セキュリティ構築やログ(使用履歴)分析サービスに特化している同社も関連銘柄として再度注目されている。今後、自治体にシステムを構築するうえでセキュリティ対策が重要視されそうだ。

 エスケイジャパン<7608.T>=続急伸。現在、実施中の「AKB48 32ndシングル 選抜総選挙」が盛況となっていることから「AKB48」アイテムを手掛ける同社も人気を集めている。ラウンドワン<4806.T>の米国展開に併せて米国子会社も好調、新規事業としてコンテンツ・アプリ部門」を展開することも注目される。

 ウエストホールディングス<1407.OS>=急反騰。13年8月期の連結経常利益は従来予想の35億3300万円から、55億7000万円に大幅上方修正、前期比で4.3倍の高変化率となる。国策の追い風を受けて産業用太陽光発電システムの需要が急拡大、仕入れ価格の減少に対し販売価格が上昇し利益率も一気に高まった。住宅の屋根を借りて太陽光パネルを設置する企業に低利融資する新制度を作る政策方針が伝えられる中、住宅向け太陽光発電に展開する同社にとって強力な追い風となる。

 ペガサスミシン製造<6262.T>=大幅反発。環縫いミシンのトップ企業で中国向けの不振が業績悪化の要因となっていたが、これも一巡、今3月期は連結営業利益で10億円(前期実績2100万円)と大幅増益の見通しで、業績回復が評価されている。「ペガサス(天津)ミシン有限公司」では、生産体制の効率化と同時に、高級機種の生産拡大に努めるなど海外拠点のテコ入れも行なっている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)