DyDoが第1四半期決算を発表、広告宣伝費など先行で大幅減益

 ダイドードリンコ<2590.T>がこの日の取引終了後に第1四半期(1月21~4月20日)連結決算を発表。売上高354億700万円(前年同期比7.9%増)、経常利益4億2400万円(同73.9%減)と大幅減益となった。昨年秋にブランドを一新した「ダイドーブレンド」のラインアップの充実を図った効果や、飲料受託製造部門での受注増、ゼリー大手たらみの寄与などで売上高は増加したが、広告宣伝などが先行したことから大幅減益を余儀なくされた。なお、14年1月期業績予想は売上高1593億円(前期比7.0%増)、経常利益77億5000万円(同0.3%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)