27日の株式相場見通し=日経平均株価は波乱展開が継続

 27日の東京株式市場では、日経平均株価は波乱展開が継続しそうだ。前週末24日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比8ドル高の1万5303ドルと3日ぶりに小幅反発した。外国為替市場では、1ドル=100円台後半での推移となっている。円相場が1ドル=100円と円高基調となっていることから、朝方は輸出関連の主力銘柄を中心に全般売りが先行する展開となりそうだ。
 27日は、米・英の株式市場がメモリアルデーのため休場となることから、海外投資家からの売買注文が限定されることも、マイナス材料となりそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)