キタック急落、第2四半期累計決算の2ケタ減益を嫌気

 キタック<4707.OS>が急落。前週末24日の取引終了後、第2四半期累計(10月21~4月20日)決算を発表。売上高12億7600万円(前年同期比23.2%増)、経常利益1億2300万円(同13.8%減)の2ケタ減益となったことを嫌気。主力の建設コンサルタント業で前期末の繰り越し業務が11億1000万円(前の期比21.5%増)と豊富だったこともあって売上高は大幅に増加したが、これに伴う外注費の増加などが利益を圧迫し、減益を余儀なくされたという。なお、13年10月期通期業績予想は売上高21億6200万円(前期比9.0%増)、経常利益1億5000万円(同11.1%増)の従来予想を据え置いている。

キタックの株価は9時26分現在254円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)