フルキャストが逆行高、6月末の株式100株分割も支援材料

 フルキャストホールディングス<4848.T>が全般相場に逆行し大幅高と気を吐いている。同社株は5月中旬から突如人気化、アベノミクス効果による人材需要の拡大が追い風にあるとはいえ、明確な材料が見当たらず、前週末の市場では「短期資金の仕掛け的な大口買いに個人が追随した」(中堅証券営業体)という見方が強かった。きょうも全体地合いとは歩調を異にして大きく買い優勢だが、同社は前週末24日に、6月末の株主を対象に1株を100株にする株式分割を発表(合わせて7月1日をもって1単元を100株とする単元株制度の採用を発表)しており、これによる流動性の高まりが株高を支援している。

フルキャストHDの株価は9時44分現在3万4800円(△3000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)