<前場の注目銘柄>=ロート、アジア売り上げが順調に拡大

 ロート製薬<4527.OS>の14年3月期の連結業績は、売上高1420億円(前期比10%増)、営業利益160億円(同11.3%増)と2ケタの増収増益を見込む。その原動力がアジアでの成長だ。アジア地域の売上高は14年3月期には369億円に拡大する見通し。さらに中期計画では、19年3月期に750億円としている。

 これを牽引するのが機能性化粧品の「肌研(ハダラボ)」シリーズ。〝製薬会社が作った化粧品〟というコンセプトや、手頃な価格などからまず国内で人気を集め、08年の中国を皮切りにアジア展開を開始。アジアでの「肌研」の売上高は、今期63億円まで拡大する見通しだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)