日立建機が急反落、25日移動平均線とのカイ離埋まる

 日立建機<6305.T>が急反落となっている。前週発表された中国の5月のPMIが7カ月ぶりに景気判断の分水嶺である50を下回るなど景気の先行き不透明感がなかなか払拭されず、きょうの上海株式市場も安く始まるなど、同社株など中国関連株に位置づけられる銘柄にとって逆風環境が引き続き意識されている。為替市場での円高傾向も輸出採算悪化の思惑につながり買い手控え感が強い。株価は5%を超える下落でちょうど25日移動平均線の水準まで下げており、テクニカル面では目先正念場となっている。

日立建機の株価は11時5分現在2461円(▼131円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)