☆「ドル/円」⇒:中期、短期(平均足改良版)も「下降」示す:

■8時間足トレンドチェック

※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:中期、短期(平均足改良版)も「下降」示す:
(第1ポジション⇒+1002P達成)(第2ポジション⇒+1275P達成):
先週中期サポートであった101.72レベルを割り込み、その後も
平均足改良も「陰線」継続中となっています。現在は101円の
攻防となっていますが、テクニカル上は「現在値<実体部」と
なっていて、下値を探る展開が続きそうです。

☆「ユーロ/ドル」⇒:「買い」ポジションは保有中:
(第1ポジション⇒+1393P)、(第2ポジション⇒+1415P):
先日記載した買いポジション(1.2928)は、第一ターゲットの1.2995
に数ポイント届かなかった為、現在も保有中となっています。
しかし、「現在値<実体部」となっている為、平均足改良版は
「陽線」となっていますが、押しを形成する可能性があります。

☆「ポンド/ドル」⇒:中期下降トレンドの中、戻り形成中:
(第一ポジション⇒-20P)(第2ポジション⇒+1066P達成)
中期トレンドは、現在レジスタンスを1.5280として中期
トレンドは引き続き「下降」を示しています。この流れの
中で「平均足改良版」は「陽線」となっていることから、
現在は中期下降トレンドの中の「戻り」を形成中との
判断です。