旭化成が反落、中期計画に不透明感

 旭化成<3407.T>が反落。前場と比較して下げ幅を広げている。同社は27日、中期経営計画の進捗状況について発表、15年度の営業利益目標2000億円を1600億円に引き下げ、15年度以降数年で2000億円を達成する方針としていることから、足もとの業績面での不透明感が売りを助長した。時価PERは12倍台と割安感はあるものの、昨年10月以降、一貫した上昇トレンドをみせてきただけに利益確定売り圧力も意識されるところだ。

旭化成の株価は12時30分現在686円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)