エスクリが大幅反発、好業績のシーズンストックして注目

 エスクリ<2196.T>が大幅反発。先週末の24日には940円まで急落したことから目先的な調整一巡感が台頭している。昨年12月には八重洲事業所を施設拡大し、レストランスタイルである「アンジェリオン オ プラザ TOKYO」をオープン。建築工事の請負・設計監理、木材・インテリア用品および家具などの輸入および販売を展開する渋谷を子会社する効果も表面化し、今3月期は連結売上高184億9000万円(前期実績129億300万円)、営業利益18億5300万円(同12億2700万円)と大幅増収増益を計画。また、来年秋には東京都豊島区に式場を開業することも注目され、ジューンブライドとなる6月を控えシーズンストックしても見直されている。

エスクリの株価は14時17分現在1063円(△52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)