住友林は軟調、ドイツ証が目標株価を1500円に引き上げ

 住友林業<1911.OS>は軟調。一時、前週末比79円安の1231円まで売られている。ドイツ証券が24日付のリポートで、投資判断「バイ」を継続しながら、目標株価を従来の1000円から1500円まで引き上げている。
 リポートでは「住友林は、厳しい住宅市場の中でも安定して高いレベルの利益を計上できる企業体質を構築したと考えている。事実、前期には過去最高益を更新しており、今後3年を目途に経常利益300億円体制を構築する見込み。同社の安定した利益水準からみれば、株価の割安感は顕著」としている。

住友林の株価は14時16分現在1271円(▼39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)