大東建託が続伸、連続ピーク利益更新で大株主に思惑浮上

 大東建託<1878.T>が続伸。建築請負に展開するが提案型営業で独自路線を行く。屋根賃貸による太陽光発電は、住宅の屋根を借りて太陽光パネルを設置する企業に低金利で融資する制度をつくるなどの政策支援を背景に一段の受注進捗が期待されている。14年3月期も連続最終ピーク利益更新となる見込みで業績面では申し分なし。3.6%の高配当利回りも魅力であり、「日本の中小型成長株への姿勢を高めるブラックロック・ジャパンが5月初旬に大株主としてにわかに浮上したことで市場関係者の注目度が一気に高まっている」(中堅証券営業体)という指摘も出ている。

大東建託の株価は14時48分現在9420円(△230円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)