【買い】キヤノン(7751)業績は決して良いとは言えない状況=フェアトレード 平山修司

第2四半期以降に期待
■注目銘柄
7751 キヤノン

■注目理由
4月22日に発表した平成25年12月期第1四半期決算では売上高150,210百万円(前年比7.9%減)、営業利益403百万円(前年同期比88.6%減)、純利益-35百万円と赤字に転落してしまった。同社主力事業のビジネスソリューション事業が売上の製品構成の変化による単価下落やレーザープリンターの出荷台数の減少などにより前年同期比5.8減となった。今期は増収増益を計画している中、厳しいスタートダッシュとなってしまった。しかし、同社の株価は株式市場が大幅安となった5月23日に年初来高値となる4,115円を付け、ゆるやかな上昇トレンドが継続している。また、同社の株価は、過去、6月において上昇する傾向が高かったことから買いスタンスとした。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
--------------------------------------------
勝率:59.09%
勝ち数:13回
負け数:9回
引き分け数:1回
--------------------------------------------