アイフィスジャパンが急反発、投資性商品に関する営業支援アプリに関心

 アイフィスジャパン<7833.T>が急反発。27日に、ファンドなどの投資性商品に関する営業支援を目的とした「ファンドデータアプリ」と、住宅ローンや資産運用などの金融商品に関する販売支援を目的とした「ライフプランシミュレーションアプリ」の、2つのタブレット用アプリケーションの提供を開始したことを発表したことが関心を集めている。金融機関では、顧客とのコミュニケーションツールとして、タブレット端末の導入が急激に進んでいることに対応するもので、「ファンドデータアプリ」では新規投資を考える顧客へのスムーズなアプローチや提案が可能となっている。証券会社を中心に金融機関の営業形態が大きく変化するなかで同社の業務用アプリの存在は注目を集めそうだ。

アイフィスジャパンの株価は9時18分現在607円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)