日樹脂が3日続伸、増額期待で継続的な買い流入

 日精樹脂工業<6293.T>が3日続伸。全体相場は乱調展開だが、その中で継続的な買いを集め上値追い基調を確保している。値動きの軽さから「買い主体に個人投資家の買いが観測される」(中堅証券営業体)状況にある。北米やアジアの自動車販売の好調を背景に射出成型機の需要が大きく伸びている。13年3月期の最終利益は18億円と実に15年ぶりの過去最高利益の更新を実現したが、14年3月期の業績見通しについて会社側は13億円とかなり保守的。「今期の社内為替設定レートは90円で、今の円安も考慮すると増額修正の公算が大きいとみられる」(同)という見方が買いにつながっているようだ。

日樹脂の株価は10時16分現在748円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)